毎日の食費を抑えたい方必見の節約術とは?

家計簿

「食費」というものを考えるようになったのは、結婚して自分が毎日食事を作るようになってからでした。

それまでは母の作った料理を当たり前のように食べており、日々の食費、1ヵ月の食費がどれだけかかっているのか考えたこともありませんでした。

専業主婦になり、夫の収入だけで生活をやりくりしていく中、いろいろなメニューを作りたい、でもなるべく食費は節約していきたいな、という思いがあり、自分なりの節約を日々考えていました。

 

まず実践していることは、スーパーに行く回数が多いほど買うものも増えるので、買い出しはなるべく週1回で済ませるようにしています。
お店によって、卵や肉が安い曜日が決まっているので、それに合わせて買い物します。

スーパーに行き、何を買おうか考えると、あれもこれもと買ってしまいがちになり、食材も増えていくので、冷蔵庫の余った食材を見て、無駄にならないように1週間分のメニューを決めてしまってから買い物します。

 

メニューに沿って買いたい食材や必要な物を必ず紙に書いていきます。

紙に書いたもの以外は買わないようにしています。

実際にやってみて、1週間分の食費のだいたいの目安が出来、今週は使いすぎたと思えば来週これだけ抑えよう、と考えることが出来ます。

 

そうは言っても予定通りにならないこともあります。

急なお客さんでも出費がかさむこともあります。

それはそれでいいと思っています。

意識が大切だと思っています。

 

決めたメニューも出来る材料で変更したりします。

ある材料で出来るメニューを考えるのも楽しみの一つになっています。

また、旦那の体臭が気になったので、ネットでデオラの口コミを見て、
ちょっと高かったですが、節約したおかげで買えています。

なので、こういった他の部分にもお金を回せるのも嬉しいですね。

 

私にはこのやり方が一番あっていると思うので、これからも続けていきたいと思います。