血流が良くなる方法は?

10c8e32f8d8e843da0afa76835931b7e_

最近では酢たまねぎが流行っていますね。

たまねぎの中に含まれている硫化アリル・硫化プロピル・ケルセチンという成分が血をサラサラにしてくれるそうです。

しかし今回は食べ物だけでなく運動で筋肉を柔らかくし、血流を上げる方法をご紹介します。
これもここ10年間以上ずっと衰えずもはや流行ではなく、認知されつつあると思うのですがヨガが家でも行える運動として良いのではないでしょうか?

現代人はどうしても、長時間座っている・長時間立っている・長時間動いているなど、同じ動作を繰り返していることが多い社会です。
「いやいや、ちょっとは動いていますよ」という声もチラホラ聞きますが、基本的に少ないです。

運動、例えばウォーキングをするとした時に意識してウォーキングを30分するのと、営業の外回りで1時間歩くのとどっちが有効かと言えば30分の運動です。筋肉も意識して動かさないと使えているようで実はそれほど使えていません。

“ながら”運動、“ながらダイエット”などもしないよりはマシなレベル。

このやり方は今まで運動をしてこなかった人に少しでもきっかけを与えるには効果はありますが、運動をする習慣がついてしまえば”ながら”運動をするより意識して運動した方が、短時間でよっぽど効果が出ることを覚えていてください。

しっかり体をストレッチなどで伸ばすクセがつくと寝て朝起きたときも腰が痛いなどの症状も消えていきやすいです。
体の状態もありますが、寝具(特にマットレスの効果)でも体の負担は違うので、余裕があればそういうものも見直してみるのも良いかもしれません。

⇒http://xn--9ckk0f4c7210a9o6aw9h7im.net/ekotwin0808/

保存